2017年ブラインドサッカー日本選手権振り返り。優し過ぎるbuen cambio yokohamaの皆さま

2017年7月23日(日)に行われましたブラインドサッカー日本選手権FINALラウンド。

「決勝戦に出たかった。優勝したかった」

もちろん悔しさはあったけれど、全力で闘いました。

相手は宿敵buen cambio yokohama
昨年の決勝と同じ顔触れ。

彼らだって、3位決定戦ではなく決勝を目指していたはず。

当然、試合前の申し合わせなど無いし、試合となればガチンコ!

「決勝戦より良い試合にしてやる」

そんな熱気が、僕らAvanzareベンチからも、buen cambioからも、
メラメラと沸き立つ、そんな激しい試合になりました。

苦しんだ前半戦

川村怜、佐々木ロベルト.
僕らサポーターや、若手選手にとっての「ヒーロー」
日本代表でも活躍する両選手を軸に、
Avanzareは高いパスワークで、ボールを支配。

何度も好機を作りました。

だけれど、流石buen cambio yokohama
前がかりになる僕らの背後をついて、バシバシ攻めてきます。

もう冷や汗タラタラ…笑

Avanzareベンチで観戦するには、心臓が一つでは持たない、そんな試合展開でした。

やるからには負けられない

前半終了間際、フリーキックのチャンス。
(川村)リョウくんがやってくれます!

(佐々木)ロベさんが触れたボールを、ドリブルで持ち上がると、
右サイドからファーポストへ強烈なシュート!!

相手ゴールキーパーの手を弾いたボールは、ポストに当たり、

・・・ノーゴール!

あと20cmでした。惜しい。

ハーフタイム

前半終了後のベンチでは、魚住監督の指示が飛ぶ。
むっちゃ的確!

そして、選手が全然、疲れてない。

攻守の切り替えの素早い、タフな試合だったと思うのですが、
翼もしゅうへいも、流石っす!

後半

試合前のアップ。シュート練習
後半に突入。

ハーフタイムで意志統一できたのか、
前半よりもスムーズな攻撃が増える。

だけど、やっぱり相手はbuen cambio yokohama
守備が固い。
カウンター狙っているのも明確で、ボール奪ってからの切り替えが光速!

相変わらず、一進一退の攻防が続きます。

これだけレベルが高い試合だと、
やはり、リョウくん、ロベさんの両エース頼み、、、

だったんです。今までのAvanzareなら。

でも、今年はこいつがやってくれました!!

翼!文字通り、キャプテン翼やで!

インタビューを受ける翼キャプテン

トップに位置取り続けた(森田)翼。
彼が、後半の後半、良い仕事をします!

サイドで受けたボールをドリブルシュート。
距離はあったけれど、威力満点!

「よーし、こっから!」

そう思った矢先、再び、翼!
同じようにサイドからドリブルでゴール前に迫り、強烈なシュート!

・・・と思いきや、なんと、ループシュート!!!!!!!

フワッと浮き上がったボールは、ゴールキーパーを超え、スポっとネットを揺らします。

来年は決勝で戦いましょう!

翼のゴールを守り、1-0でAvanzareの勝利。

試合終了後、両軍、ピッチに集まってセレモニーっぽい感じで進む。
スタンドの大勢のお客さんたちに整列をして「ありがとう」の挨拶をすると、
buen cambio yokohamaの選手たちが「集まれ集まれ」と、僕らAvanzareに声をかけます。

急造された円陣。
その中央に、Avanzareガイドのあっこさんが引きずり込まれる。

「胴上げ胴上げ!」

僕らアバのメンバーをリードするのは、ブエンの面々。
あっこさんを、みんなで胴上げ。

この日は、彼女の誕生日でした。

敵味方関係なく、一緒にブラインドサッカーをやっている仲間。

buen cambio yokohama

リスペクトすべき、カッコいいチームです!
来年は、お互い、決勝で会いましょう。

シェアする

フォローする