勝手につくば大使がAvanzareにログインしてくれました☆

「なんでつくばが好きかって、、、それは、、、
住んでるからでしょ!!!

ご存知の方も多いかも知れませんが、じわじわと地元人気を高めている、勝手につくば大使様が、Avanzareつくばへ取材(ログイン)しに来てくれました(^O^)

Who is 勝手につくば大使??

掘り起こせば無限に存在するつくばの様々な魅力を、読者の方々にもっともっとつくばを好きになっていただくために、自分たちの体験を通して発信しております。勝手につくば大使ブログ

「勝手につくば大使」とは何なのか。現在の活動から、誕生秘話、今後の展望まで。このページでは詳しくお話していきます。怪しいっちゃ怪しいけど決して怪しい者ではないのです!信じてください!!...

つくばの魅力に体当たり取材しているエネルギッシュな若者。
それが、勝手につくば大使。

ありていに言えば、ブロガーということなのかも知れませんし、
コンセプトは、ふなっしーみたいな、非公認ゆるキャラと同じ…。

でもね、
顔を晒し、本名を晒し、

その時点で、ふなっしーに対しては、かなりのアドバンテージを得てるから!!笑

イジってしまってすみません(/_;)

勝手につくば大使の魅力

幼少期からつくば界隈で育った僕。
幼稚園から大学まで、牛久大仏が見える学校に通った僕(大仏様ができたのは小学生のときだけど)

幼き頃から刷り込まれてきた。

「納豆以外に何があんの?」

「茨城ってダッセーよな」

「イバラギ?イバラキ??っふ」

僕の故郷なのだよ。だから素直に愛したい。
でも、他の土地からやってきた人々に、ディスられ、アイデンティティはズタズタに切り刻まれていく、、、

みたいな経験を、重ねるんだ。大人になるってそういうことだ。

と、茨城県民の多くが味わう辛さがある。

そして、東京をはじめとする大都会に出てしまったら最後。

「出身どこ?えっ?イバラギ??笑」

上京して8年。
Central of TOKYOとでも呼ぶべき渋谷で働き7年。

自虐ネタにするのに慣れ始めた出身トーク。
愛したい故郷を、愛していると人前ではとても言えない。

この苦しさに、苦しいとも感じなくなり始めたのはいつからだろう…??

そんな頃、僕は、ある記事にたまたま出会った。

筑波大4年の小村政文さんは自作のたすきを肩に掛け、金髪のモヒカンをなびかせながらつくば市内の飲食店や地域の催しなどに出没。時に体を張った取材記事をブログやSNSで発信し、文字通り「勝手に」つくばをPRしている。幾多の転居を繰り返し、ようやく手に入れた「地元」の魅力を知ってもらおうと、新たな野望を胸に秘め、きょうも現場に...

縁もゆかりもさほどないのに、こんなに明るく前向きに胸を張って、つくばを愛してくれる。

「みんな知らないだけで、いいとこむちゃくちゃあるんすよ。だから僕が、それを届けたいんです」

かっけぇよ。ありがとう。俺もこれから茨城県南出身者として胸を張って生きていくよ。

なぜ大使が取材に来てくれたかというと

常陽リビングの記事をツイートしたんですね。
「取材に来てほしい」と添えて。

そしたら、返信くれました!

で!!

詳細はまた!笑

勝手につくば大使ポーズで記念撮影

Avanzareを応援してくれる勝手につくば大使を、ぜひ応援してください!!

ニワトリとキリンのブログです。そう、ニワトリとキリンのブログです。

記 岡村