クラブ史上初の海外遠征③~2017年振り返り~

Avanzareつくば史上初めての中国遠征。立ち上がりそうそう失点をきっする(前回記事)も、その後はしぶとく凌いでいく。

そして前半を終え、0−1で折り返す。

ハーフタイム。息上がるAvanzare陣

「10番のドリブルはブラジルより速くて大変だった」とは、この日、中盤を任された増田。
また、遼寧鳥巣は選手もスタッフも時に大き過ぎる声でコミュニケーションをとっており、Avanzareには、方向感覚を失う選手もいました。

トップを担った山川もその1人。
色々な声が聴こえすぎて自分の位置がわからなくなってしまったと、ハーフタイムに振り返る。

この辺りは国際試合の経験の差もあると思いますが、世界のブラサカでも一目置かれている中国の速くて巧みなドリブルシュートを皆が経験できたのは本当に大きな財産だと思います。

後半ラインナップ

後半は選手交代し、FP川村、佐々木、森田翼、佐藤祐希、GK福永克己、ガイド神山で挑みます。

引き続き、お互いのプレースタイルは変わらず。
ポゼッションサッカーで中盤で溜めを作りたい私たちAvanzareつくばと、速い寄せからカウンターを仕掛けてくる遼寧鳥巣。
何とか早めに得点したかったですが、チームのバランスとして攻撃は2枚まで…という約束事は継続しました。

反撃ののろし

前半よりシュートを撃たれる機会が増えましたが、佐々木がしっかり身体を寄せながら撃たせていたので、枠を外れることも多く、枠内シュートは福永がスーパーセーブで得点を与えません。

試合が動いたのは後半9分。

私たちの右CKで仕掛けた川村は、相手のディフェンスで一度はボールをこぼしたものの、すぐに取り返してゴール正面方向へドリブル。
3人に囲まれたもののその合間を縫って、シュートを放ちます。

シェアする

フォローする