クラブ史上初の海外遠征⑤~2017年振り返り~

Avanzareつくば史上初めての中国遠征。第1戦である遼寧鳥巣戦の後半。エース川村怜が得点するもすかさず中国チームの反撃(前回記事)に遭う。

拮抗を破ったのは、2017年Avanzareつくばの超強力新戦力だった。

アブディン投入。全員サッカーで流れを掴む

14分、森田に代わってトップにアブディンが投入されました。
No.9とNo.10のドリブルシュートは相変わらず速く滑らかでしたが、GK福永が横っ飛びでセーブし続けます。

遠目からでもパワフルなシュートを撃てるアブディンに、遼寧鳥巣のDFラインも少しずつ崩れていきました。FKやCKのチャンスが増えていきます。

21分、左サイドで相手DFを引きつけたアブディンから逆サイドの川村へパス。
一度コーナー付近で捕まりそうになるも、中国代表のお株を奪うような弧を描くドリブルでゴール正面へ。
3枚のDFの足を止めると半身ずらしてシュート!
GKは少しブラインド気味になったのか、止めきれずボールは脇の下を抜けていきました。

中国戦。ゴール直後の川村とそれに駆け寄るガイド神山

中国大陸での初陣。その結末

川村の2点目。

喜ぶベンチへ脇目も振らず、自陣ゴールからボールを取りに行った福永。
「この勢いで逆転しよう!」と、チームの押せ押せムードが高まります。

しかし、地元で負けるわけにいかない遼寧鳥巣も攻め立てます。

23分、Avanzareつくばの左サイドでCKを得ると、FK、CKを立て続けに獲得。
最後のCKでNo.10が逆サイドまで弧を描くようにドリブルし、素早く切り返すとゴール右上隅にゴール!
残念ながらここでタイムアップとなってしまいました。

シェアする

フォローする