クラブ史上初の海外遠征⑥~2017年振り返り~

Avanzareつくば史上初めての中国遠征。第1戦である遼寧鳥巣戦は2対3での惜敗(前回記事)

いい試合をしていただけにとても悔しい結果になってしまいました。
あとで聞いたところ、2得点を挙げた遼寧鳥巣のNo.10は17歳、No.9はなんと13歳だそうです。中国は若い選手が多いと聞いていましたが、どうりで声変わりしていないわけです。

未来の中国代表になるであろう選手たちと試合が出来たことは、本当にいい経験になりました。もしかしたら代表に入るのは未来と言う程先ではないかもしれません。

遼寧鳥巣のドン監督の言葉

最後に、遼寧鳥巣のドン監督に私たちのチームの印象とアドバイスがあれば…!とお聞きして来ました。

「Avanzareつくばはとてもいい選手が揃っていて、特にNo.5とNo.10は国家代表ですよね?とても素晴らしいプレーをしていたと思います。アドバイスは…どこが悪いと言うのはうちのチームにとってプラスなことだから、教えられないな!」

とても気さくな方で、時間のない中笑顔で答えてくださいました。

答える時も、メモを取り出しながら話してくださいましたが、たくさんメモしてあったので、もしかしたら12月のアジア選手権に向けて日本代表の川村や佐々木のスカウティングもしっかりされていたのかもしれません。

実はもう1人13歳の素晴らしい選手がいるとのこと、中国は才能の宝庫だと感じました。
そのシステムについてもお聞きして来たので、また別の記事でご紹介します。
今度はぜひ日本で試合をしましょうと約束して、笑顔で別れました。

シェアする

フォローする