ADDJUSTの素敵な皆さんが、Avanzareつくばの練習に来てくれました♪

春ですね。
と思っていたら、いつの間にか夏の兆し。

こんにちは。ブログ担当の岡村です。

さて、4月になり、Avanzareにも新メンバーが加わりました!!
(回を改めて、近々ご紹介をさせてくださいw)

そんな出会いの季節に、アダプテッドスポーツを広めようと活動中の、
素敵な筑波大学生の皆さまが、Avanzareの練習に遊びに来てくれました。

ADDJUST様とアダプテッドスポーツ

アダプテッドスポーツを広めようと活動中です!一人ひとりに合った(just)ルールを加える(add)ことで、スポーツが人に合わせる(adjust)、そんなアダプテッドスポーツを一緒に作り上げませんか?ADDJUST公式ツイッター

アダプテッドスポーツとは、何かしらの理由で、一緒にはスポーツを楽しめない人同士でも、
ルールを工夫して、一緒に楽しめるようにしよう!

というもの。

「ブラインドサッカーも、アダプテッドスポーツ?」

と思われる方も多いと思うのですが、ブラインドサッカーアダプテッドスポーツのようでいて、そうではなかったりする。

『視覚障がいのある人も、そうでない人も一緒にサッカーが出来る』という意味ではアダプテッドスポーツ的なのですが、

例えば、未経験者を集めて「ブラインドサッカーの試合をしよう!」となっても、

  • 無理っしょ
  • 接触とか恐いし
  • 怪我したらどうすんの?
  • つーか私、ボール蹴るとかしたことない

といった理由で「皆でブラインドサッカーを楽しもう!」というところからは、程遠い世界へ、、、、

アダプテッドスポーツだと??

「接触が恐い」と思う人がいる。
目隠し以前に「運動が苦手」な人がいる。

かたや「サッカー経験者」や「ブラインドサッカー選手」がいる。

そんな集団で、一緒にブラインドサッカーを楽しもうとした場合。
公式ルールで試合をしても、限りなく楽しくない感じになるので、

  • 接触も恐くないように、走るの禁止にしよう!(歩かなきゃダメ)
  • サッカー未経験者も楽しめるように、一回だけハンドして良いようにしよう!

など、みんなのハンデを減らすべく、幾つかルールを加えていって、その場の皆が楽しめるようにする。

で、新しいルールを加えると、楽しくなる場合もあるけど、そうじゃ無いときもあるので、そこは試行錯誤でルールを変えて行って、楽しいいものを目指す。
実際にワークショップしたことがあるのですが、何というか、小学生のころ昼休みとか放課後にみんなで新しい遊びを生み出していった感覚ですね。

4月15日の練習風景

Avanzareを応援してくれている、ADDJUSTさんの応援を宜しくお願いします☆

シェアする

フォローする