2018年クラブ選手権 優勝インタビュー

日本ブラインドサッカー協会のホームページに、弊チームのセンターガイド・選手のインタビューが掲載されました。

魚住センターガイド・川村主将インタビュー

魚住センターガイド

昨年の日本選手権に負けてから、チーム全体の底上げを図ってきた。今回は全員が出場して勝てたというのは、すごく大きい。チーム全員がピッチに立って、それぞれが自分の役割をきっちりすることにこだわってやってきた。相手のディフェンスに関しては、左右に揺さぶって縦1列になるようになるようにというのは指示してやっていた。この大会は今年の日本選手権の試金石にもなっており、いい結果が出て非常に嬉しい。日本ブラインドサッカー協会

川村主将

決勝では自分の右足の方をケアされている(守られている)のが分かっていたので、スキをみて左に抜くことをイメージしてプレーしていた。そのタイミングを伺っていた。(ゴールシーンでは)ちょうど左が空いたと感じ、その機会と捉えて、左足でゴールを決めることができた。昨年7月の日本選手権を逃してチームを一から作り直して、頂点を目標にしてこれまで練習してきて、優勝できて非常に嬉しく思う。日本ブラインドサッカー協会

決勝戦マッチレポート

アブディンと福地の笑顔2ショット

なお試合展開の詳細は、ビーフトに掲載されています。

サイドフェンス沿いに黒山の人だかり。 中にはスマートフォンを構え、熱心にボールの行方を追う人もいた。 歴史を塗…

シェアする

フォローする